This site is creating of display cabinet.


DeAGOSTINI社の MY DOLLS' HOUSEシリーズ
第22号付録
ディスプレイキャビネット
S=1/12
画像をクリックすると拡大画像をご覧になれます。

 [ アンティークアリアニズムのコレクターズアイテム ]
 カントリー風をイメージして制作しました。夕方のひとときの情景カットです。シンプルでありながらどこかゴージャスで、鏡板張りの部屋にぴったりです。背板は取り外しが可能でミラー板も取り付け可能にしました。オイルフィニッシュ(オーク)で仕上げました。

 Page 1/1

1. 第22号付録ディスプレイキャビネット
2. 部品一覧
3. 縦枠溝切り
枠にプラバンをはめ込み出来るように溝を切り出しします。
4. 扉枠部品
5. 上下枠溝切り
枠にプラバンをはめ込み出来るように溝を切り出しします。
6. 扉枠組立
7. 色付きボンド
コニシ製木工ボンド(通常タイプ)+ワシン製オイルステイン(水性オーク色)少々混ぜて色付きボンドを作りました。結構重宝しています。
8. 縦枠上下枠組立
9. 枠接着養生中
10. 背板制作背板は、幅10ミリ厚さ2ミリの板を面取りし合わせて接着しました。
11. 組立部材完成
12. 塗装オイルフィニッシュ(オーク)で塗装しました。2回塗り2回拭き取りしました。
13. 底板と飾り側板接着
14. 猫足接着
15. 猫足接着
16. 底板部完成
17. 本体組立
ミラー等を取り付けられるように、背板は取り外しが出来るように、はめ込みしきにしました。
18. 底板と冠取付け
19. 取付けた図
20. 重石で養生
接着の密着度を高めるために、上に重石を置いて養生しています。
21. 取っ手
今回使う予定の取っ手です。和風の取っ手ですが、似合いそうなので使用する事にしました。
22. 取っ手取り付け
取っ手を取り付けます。
23. 完成
配置して完成です。格子窓から漏れる夕陽が何とも言えない風情を出しています。このディスプレイキャビネットにマッチしています。

 Page 1/1



  

All Rights Reserved,Copyright(C) 1997-2002 pitawan's Home Pages