It is the report of the 5th Japan Guild Miniature Show.

東京都立産業貿易センター2階 展示室にて開催

画像をクリックすると拡大画像をご覧になれます。

作品展の案内はこちら

【2004/11/9(前前々日)】
 くっ苦し〜い、間に合わな〜い。とにかく骨董屋の製作を少しでも進めておかなければ...でも挫折。
 仕方がないので、すぐ梱包に掛かります。既に夜12時を過ぎています。いろんな組み合わせで梱包してみましたが、なかなかうまく梱包できませんでした。テーブルの上に見やすいように段を付けるため、発泡スチロールのブロックを四つもって行くことにしていましたので梱包の組み合わせは難しかったです。おまけに送料の方が高くつくような気もしますが、現地で調達できない可能性もあり、仕方がなく持って行くことにしました。結局、朝5時ごろやっと梱包完了しました。おぅ前途多難!!久々の徹夜でした。

【2004/11/10(前々日)】
 宅急便の集荷の日です。少し仕事で遅くなりましたが、何とか間に合いました。壊れませんように!!今日はゆっくり眠れそうです。

【2004/11/11(前日)】
 仕事で夕方トラブッて大変でした。もう明日は出発不可能かと思いました。ドキドキものでした。
 帰りはだいぶ遅くなりましたが段取りだけして、どうにか明日は出発できそうです。今日は服やら身の回りのものとか準備をしないといけませんこれもぞぉ〜とします。夜1時ごろ終わりましたが出発は朝が早いので、結局寝不足のようで、徹夜みたいなものです。

【2004/11/12(ギルドショウ準備日)】
 この日は出発の日でした。朝3時半起きです。朝一番の関空から飛行機で行くことになっているので、めちゃめちゃ大変でした。いつも新幹線でしたが、なにしろだいぶ前にチケットを買っておくと、だいぶお得でしたので...このプランに決定しました。自宅を4:30出発となりました。
 実はそんなに早く出発しなくても良かったのですが、予算の都合でこの時間になったしまったのでした。
 そんなこんなでバタバタと出発しました。やっぱり飛行機は楽です。あっという間に羽田です。実は、〆野さんも関空の朝一番の飛行機で東京に行くとおっしゃっていたので、もしかしたら同じ飛行機かもしれません。どこかでお会いできるかもしれません。と、思いつつ...
 羽田に到着しました。荷物の受け渡しエリアでお会いすることが出来ました。
 早速、ご一緒して浜松町に向かうことになりました。久々のモノレール乗車です。浜松町まですぐにに着くと思っていましたが、けっこう長かったです。
 会場に到着して、どうやら一番乗りのようです。まもなくギルドの役員の方が来られて、ご挨拶、早速設営の準備のお手伝いをすることになりました。けっこう設営は大変で重労働でした。これだけでヘロヘロになって出展者の開場までに疲れきってしまいそうでしたが、良い運動になりました。設営が終わり、混むので早い昼食をとりました。
 昼食後、自分のテーブルのセッティングとなりました。宅急便は第2陣で到着しました。無事到着してほっとしていました。セッティングに取り掛かると結構900ミリ角のエリアは広く思っていましたが、持ってきたもの全部は並べきれなく、スペース的に無理そうでした。展示のみですが、せっせと並べました。1.5時間は掛かりました。もうほとんどの出展者の方が設営に取り掛かっています。待ち合わせの約束をしていた作家さんと会って近所の喫茶店で談話、話が弾んで数時間は居たと思います。会場に戻って来て、再度セッティングの微調整をして、本日は終了となりました。
 他の作家さんと蒲田のユザワヤに行って夕食を食べて本日は帰路につくことになりました。亀戸に宿をとっているので、ちょっと遠い感じがしますが、会場から30分少々です。きれいな宿で朝食まで付いていて、なにしろ安いのが一番です。ヘロヘロでクタクタになっていたのでよく眠れました。

【2004/11/13(ギルドショウ初日)】
 朝が来ました。目覚めはあまり良くありません。眠たい。でも朝食を絶対食べないとっ...ここでも(貧乏根性!!)でもって、たらふく食べて腹がパンパンで出発となりました。
 展示のみなことと、けっこう隅っこの照明が少し薄暗いので、お客は少ない場所でしたので、しょっちゅうビキナーズコーナーに遊びに行っていました。
 今回は、出展者が多いなぁと思いながら、みなさんコレゾと言う品を持って来ていらっしゃる。凄い。年々過熱するので今後も楽しみです。私も、今回は単独では初出展なので、ちょっと抑え気味の作品に留めました。また、来年の5月に大阪でも開催される予定なので、あまり出すと同じものばかりで楽しくなくなりますから...
 今日の出だしはお客さんは少なかったです。毎年入り口付近から階段に掛けて並んでいるのにぃ。でもビキナーズコーナーは賑わいを見せています。立ってばっかりで本日もヘロヘロ状態でした。なにしろ立っていないと落ち着かない性分です。昼過ぎになり五番街の昼食off会合に出席しました。お久しぶりの方ばかりでした。
 ギルドショウ終了となり(あっという間でした。と感じるのは充実している証拠かなぁ)ギルドのウェルカムパーティーに出席する事になっているので会場へ、立食のようなのですが、みなさんヘロヘロ状態なので、椅子とテーブルに陣取っていました。ここでも私は貧乏根性で明日の昼食分まで食べてやるぅ〜と思っていましたが、すぐお腹がパンパンでそううまいこといきません。しゃべるじゃべる、話が弾みあっという間でした。その後ギルド大阪支部のメンバーとお茶でもと言うことで、浜松町へ行き、そこでも話が弾み、あっという間の一日でした。毎回のことですがギルドショウはコミュニケーションをとりに来たようなものになりました。また、昨夜と同じように亀戸へ向かい、本日も爆睡状態でした。

【2004/11/14(ギルドショウ2日目)】
 また、朝が来ました。今日は最終日です。今日で終わりかぁと思いちょっとさびしい気分にもなっています。旅行気分でしたから...早めに会場入りする予定が、ギリギリに到着しました。ギリギリセーフです。大多数の作家さんはもう既に来ていました。早速、自分のテーブルの作品に被せてある被せを取り、ハウス作品の照明を点けました。そうそう電気のコンセントを頼むと結構な料金が掛かるので、今回はバッテリーを持ってきました。少しでも節約です。今日も展示のみなので私はそんなに忙しくありません。寂しいので野点弁当も展示する事にしました。
 また、会場をウロウロしながら一日が終わりそうです。今日で最後なので、お目当ての作品を購入しに行かないといけません。工房てるとさんの陶器作品を購入しました。私の作品の骨董屋に置くためのものです。今日はけっこうお客が多いです。
 そんなこんなで、もう夕方に差し掛かっています。まだ3時なのですが、もう片付け始めている作家さんがいらっしゃいます。こういうのは連鎖ですねぇ。あちこちで片付け始めました。私はハウスを持ってきているのと小物を接着していないので、片付けに時間が掛かるので、私も少しずつ片付けることにしました。この梱包が甘いと破損の原因となるので慎重に梱包しないとと思いつつも時間があるのに何故か焦ります。美術輸送ではなく宅急便なので、念には念を入れておかないと後の仕事が増えます。けっこう梱包には時間が掛かりました。おまけに持ってきた服やら身の回りのものとか使わないものも一緒に梱包しました。だいぶ早めに始めたのですが、もう他の作家さんはほとんど帰っていきますし机も撤収されていきます。無事梱包が終了しました。
 本日はお疲れ様でした。ギルドショウは無事すべて終了しました。その後作家さんと少し軽く夕食をご一緒して、帰路につきました。明日は東京で仕事なので、また亀戸の宿に向かうことになります。

しまい。



  

All Rights Reserved,Copyright(C) 1997-2005 pitawan's Home Pages