This site is creating of chippendale-style grand piano.



2002/7/31 現況です。
チッペンデール風グランドピアノを作ります。
S=1/12

画像をクリックすると拡大画像をご覧になれます。
1

1. 型枠製作
材木をピアノの曲面に成型するための型枠を作ります。
2. 型枠製作
型枠を2枚切り出して束を付けます。
3. 型枠製作
4. 型枠製作
型枠の使用する面に接着剤がひっ付かないように養生テープを貼ります。
5. 材料切出
銘木(リオグランデパリサンダー)を製材して薄板を作ります。今回は0.5ミリ厚を5枚作り重ねの予定です。
6. 薄板製作
ある程度薄く丸鋸で挽いて、あとはディスクサンダーで一気に薄く削っていきます。
7. こんな感じ
ディスクサンダーで削るとうまくいきました。
8. 矯正成型
接着剤を塗った薄板を5枚重ねて型枠に固定します。
9. 矯正成型
直線部分は当て木をしてハタガネで固定しました。
10. 矯正成型
ある程度乾いたら、通気性を良くして紐で矯正します。
11. ピアノ裏下地製作
ピアノの裏下地を作るために仕上げ枠を板に仮固定します。
12. ピアノ裏下地製作
1ミリ厚の檜材を4枚重ねて矯正成型します。
13. ピアノ裏下地製作
14. ピアノ裏下地製作
型枠から下地をはずして、下地のを組み立てていきます。
15. 各部品切出
譜面台とミミ?を切り出します。
16. ピアノ裏下地製作
下地のを組み立てていきます。
17. 本体加工
本体のディテール部分を加工します。
18. ピアノ裏下地製作
ピアノの裏の反響板を製作します。本物のは、スプルス製なのでよく似た材料として1ミリ厚檜板を何枚か継ぎ足して1枚の板にします。
19. 裏反響板取付
裏の反響板を下地の骨組みに取付けて、はみ出た部分を切り取ります。
20. 裏反響板取付
表はこんな感じ
21. 側板加工
側板の下部を加工します。
22. 下地反響板
下地反響板と側板を接着するため下地を微調整します。
23. 側板と底板の組立
側板と下地反響板を組み立てます。
24. 端部接着
鍵盤部の端部に薄板を接着して厚みを調整します。
25. 厚み調整
鍵盤部端部の矯正。また、端部をデザイン加工します。
26. 鍵盤下板取付
鍵盤の下板を取り付けます。写真はハタガネで固定しているところです。
27. 鍵盤下板取付完了
鍵盤の下板の取り付けが完了しました。
28. 前板製作
前板を作ります。前板は上部分を丸く削りました。
29. 前板取付
前板を取り付けます。ピアノらしくなってきました。
30. 鍵盤蓋製作
鍵盤の蓋を切り出します。蓋は前に厚みがありますので、材料のロスが出ます。
31. 鍵盤蓋製作
裏面です。
32. ***
***
33. ***
***
34. ***
***
35. ***
***
36. ***
***
37. ***
***
38. ***
***
39. ***
***
40. ***
***
41. ***
***
42. ***
***
43. ***
***
44. ***
***
45. ***
***
46. ***
***
47. ***
***
48. ***
***
49. ***
***
50. ***
***
51. ***
***
52. ***
***
53. ***
***
54. ***
***
55. ***
***
56. ***
***

1



  

All Rights Reserved,Copyright(C) 1997-2002 pitawan's Home Pages