This site is the collection of architect design studio & Doll's House factory.
Progress situation
最終更新日時〜2003/6/21〜

 現在の「建築設計工房(仮称)」の進捗状況です。建築設計事務所と建築模型・ドールハウス工房を兼ねた部屋の予定です。当初「ダイニングルーム」の二階に製作を予定していたものを平屋建にする予定です。
 「五番街作品展in河口湖」ではこちらを出品しようかと思っています。
 とにかく私が主に使っている(私の作風です。)銘木のリオグランデパリサンダーはニスがなかなか乾かないので家の中やベランダの平らなところを探してあちらこちらに乾かしています。よって家中いたる所に点在しています。
 ニスが乾かないものですから、完全完成のものは”一つも”ありません。今回の写真のものはすべて同時進行で作っています。この他にもちろん「アンティーク」のピアノも製作中です。こちらはあと内部機構と猫足と全体のニスがまだです。
 なかなか家具の配置計画が決まらないので、これ以外のテーマの作品も、このページにいろいろ載せていきたいと思います。

画像をクリックすると拡大画像をご覧になれます。

 工作台です。仮組みを終えた状態です。この後ペーパー掛けしニスという具合です。ブナの木を使っています。引き出し内部はチェリーです。
〜2003/6/21〜


  1/144のミニチュアハウスです。50ミリ×40ミリ程度です。ログハウスをイメージしています。工房の製作中のドールハウスになる予定です。アンティーク風の机の上に造作する予定です。
〜2003/6/21〜

   1/144の木造軸組のミニチュアハウスです。50ミリ×40ミリ程度です。
〜2003/6/21〜

  材料ストックケースです。製材した細棒や板をストックしておくケースです。ケース枠は銘木のリオグランデパリサンダー(通称ボコテ)で製作し中のケースはチェリー材にオイルステイン(マホガニー)を塗っています。
〜2003/6/21〜

   これは図面ケースです。以前からこのタイプの図面ケースを作りたかったので作りました。引き出しが12段あります。
〜2003/6/21〜

   T定規と三角定規です。後者は黒板でよく先生がもっているものと同じ大きさの縮尺。このあと小物類を作っていくことになりますが、予定されているものは図面ケース縦型(丸めて立てるもの)と工具類とカンナです。カンナは是非とも作りたかった一品です。以前「19世紀の帆船工作所」で作った時のノウハウに磨きをかけたいと思います。
〜2003/6/21〜


  

All Rights Reserved,Copyright(C) 1997-2003 pitawan's Home Pages