This site is showing miniature of "The Farmer's House".


    ■縮尺 1/144 (1/144〜1/160)
    ■サイズ W110(幅) × D80(奥行) × H100(高さ)

画像をクリックすると拡大画像をご覧になれます。


■正面2階3階の部分です。チューダー様式のハウスが見事に栄えています。
 

■やっぱり屋根の上には猫でしょうと言う事で猫を乗せました。
 

■フィギュア配置ですが、普通ドールハウスにはあまり配置しませんが、ジオラマではよく配置します。作品の表情を決めるひとつのテクニックでもあります。
 

■鶏や犬のフィギュアを配しました。ぐっと農家の雰囲気が出ました。
 

■樹木を一本一本設置しました。この樹木の配置がジオラマにとって命です。
 

■樹木によってリアリティーがアップし作品に命を吹き込んだかのように活動感あふれる作品になりました。
 

■ちょっと下から見上げてみると、小さい作品ですが、ハウスの荘厳さと樹木によって奥行感が伺うことが出来ます。
 

■同様に下からの眺めですが、ハウスの樋まわりとハウスの隅角部分にはツタが生い茂っています。オーバー過ぎるぐらいツタを這わすとかなりのリアリティーが出ます。ジオラマではボロ隠し的な要素もあります。(笑い)失敗を如何にごまかすか?(笑い)
 

■雨樋にツタが生い茂っている感じを表現しました。
 

■壁に薪を積んでいる様子です。一本一本小枝を割って表現しました。ここだけでもかなりの製作時間を要しました。
 

■正面です。木が生い茂っている雰囲気が良く表現出来ました。
 

■裏の部分です。
 

■裏の部分です。裏ですがしっかり表現しました。
 

■全景ですが10円硬貨と比較してみてください。
 
 
 
■製作コンセプト:樹木をふんだんに使用したハウスを作りたくて製作しました。小さいスペースながら奥行感を最大限に表現できるように配置設計しました。設定は初夏です。設定は農家と言う事でウェザリングとウォッシングをオーバー過ぎる程入れました。

注)この作品は販売作品でしたので、現在はオーナー様へ旅立って行きました。


 

All Rights Reserved,Copyright(C) 1997-2005 pitawan's Home Pages