DeAGOSTINI社の MY DOLLS' HOUSEシリーズ ミニチュア家具
miniature furniture of "DeAGOSTINI MY DOLLS' HOUSE series"
その2

DeAGOSTINI社製「MY DOLLS' HOUSEシリーズ」付属クラフトパーツ編


書斎机
 ホワイトアッシュのこぶ杢の突板を全体に貼ってみました。かなり高級感が出ました。仕上げはオイルステイン(マホガニー)です。
 私の代表作品の「ダイニングルーム」の窓際に配置して見ましたが、専用の書斎部屋を作る予定です。

(DeAGOSTINI社 カラーリングコンテストに出品中) (DeAGOSTINI社 マイ・ドールズ・ハウス本誌51号に掲載されました。) [ メイキング ]

クッキングストーブ
 これはどんなアレンジを加えようかと悩みましたが、鋳鉄風かステンレス風か悩みました。いい案が思いつきプラモデルでよく使う「こすって銀さん」を使用する事にしました。これは、艶あり黒を塗ってから銀粉をまぶして磨くというものです。本当に金属風に仕上がる優れものです。保存には気を使いますが...
 (DeAGOSTINI社 カラーリングコンテストに出品中)
 (DeAGOSTINI社 マイ・ドールズ・ハウス本誌51号に掲載されました。)
 [ メイキング ]
ディスプレイキャビネット
 なんのアレンジも少なく仕上げてみました。中の背板は板張風に仕上げました。また、取り外し可能となっています。そして、この作品は現在コッパミジンになっています。両サイドのプラバンの曲の部分の力で接着剤が外れてきて支柱が外れてしまっています。また、いい光の具合に写真が撮れました。
(DeAGOSTINI社 カラーリングコンテストに出品中) [ メイキング ]

ロングケースクロック
 ホワイトアッシュのこぶ杢の突板を全体に貼ってみました。かなり高級感が出ました。仕上げはオイルステイン(マホガニー)です。前の扉は開閉式に変更しました。
(DeAGOSTINI社 カラーリングコンテストに出品中) (DeAGOSTINI社 マイ・ドールズ・ハウス本誌51号に掲載されました。) [ メイキング ]

ベッドサイドテーブル〜コモド〜
 これも同じくホワイトアッシュのこぶ杢の突板を全体に貼ってみました。かなり高級感が出ました。仕上げはオイルステイン(マホガニー)です。曲部分に突板を貼るのに苦労しました。いい感じに仕上がりました。
(DeAGOSTINI社 カラーリングコンテストに出品中)
(DeAGOSTINI社 マイ・ドールズ・ハウス本誌51号に掲載されました。) [ メイキング ]
ワードローブ
 これは、鏡板の底の部分にホワイトアッシュのこぶ杢の突板を貼ってみました。複数枚の材料が手に入らなくて木目を左右対称に出来なかったので残念です。仕上げは同じく、オイルステイン(マホガニー)仕上げで、クリアーシーラーをトップに塗ってあります。
(DeAGOSTINI社 カラーリングコンテストに出品中)
(DeAGOSTINI社 マイ・ドールズ・ハウス本誌51号に掲載されました。)
 [ メイキング ]


ピアノ
 カエデ材の玉杢の突板(カエデの玉杢は大変希少な材料です。)を全体に貼ってみました。カエデ材は緻密で堅い木ですので、貼り付けは結構大変でした。鍵盤はイチイ材です。木目が素晴らしいです。
(DeAGOSTINI社 カラーリングコンテストに出品中)
(DeAGOSTINI社 マイ・ドールズ・ハウス本誌65号に掲載されました。)
 [ メイキング(工事中) ]


  

All Rights Reserved,Copyright(C) 1997-2002 pitawan's Home Pages