This site is showing miniature of antique radio.

  

画像をクリックすると拡大画像をご覧になれます。

【アンティークラヂオ 概要】
 銘木で真空管ラジオを製作してみました。鳴りませんが、光ります。(発光ダイオードを内部に仕込みました。)
 モデルは、外観は三洋電機製の真空管ラジオをベースにパネルデザインはマツダラジオ(東京芝浦電気)(現:東芝)を参考に製作しました。

−素材−
 花梨、花梨(瘤)、ボコテ、チェリーを使用しました。裏板の表現も本物にこだわって、パーティクルボードをスライスして、アンティーク風に塗装しています。
−大きさ−
幅38×奥行き17×高さ22(ミリ) 縮尺1/12


【かりん】 国内産花梨の木目の良い所(美しい)を吟味して再現しました。
 
 

【かりん瘤】 国内産花梨の瘤(コブ)部分で再現しました。
 
 

【ボコテ】 ボコテ(リオグランデパリサンダー)で再現しました。
 
 

【チェリー】 アメリカンチェリー(桜・さくらんぼの一種)で再現しました。
 
 


 

All Rights Reserved,Copyright(C) 1997-2008 pitawan's Home Pages