This site is creating of stairwell room.



ギャラリーはこちら
画像をクリックすると拡大画像をご覧になれます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1. 仮模型製作
階段の大きさを検討しながら、円の大きさを検討します。
2. 仮模型製作
階段部の踏面をカッティングします。
3. 仮模型製作
蹴込み部を製作します。
4. 仮模型製作
ササラ部補強
5. 仮模型製作
高さと段数を検討します。
6. 仮模型
だいたいこんなイメージになりました。すこし大きく感じますが、実際の階段部屋としては小さいと思います。
7. 仮模型
上部から見た図。ここでCADで図面を起こします。今回は短期間での製作を目標としますので、各パーツ毎に製作していくので、図面の正確さが問われます。また、各パーツの取り合いが正確でないといけません。
8. 仮模型
窓をマジックで書いてみました。イメージが具体化しました。ここでも窓や扉や腰壁のだいたいのイメージが出来たのでCADで図面化します。詳細は作りながら詰めていきます。しかし大寸法は動かせないので、鏡板や窓の納まり寸法を追い出して大寸法の修正をします。
9. 床寄木フローリング
今回は、0.5ミリ厚、10ミリ*20ミリ角のチーク材を使用しました。
10. 床板寄せ木検討
寄せ木のデザインを検討します。
11. 床寄木フローリング
この部屋の廻り(30ミリ巾)は直線的に貼って行き、その他は寄木としました。
12. 床板寄せ木貼付
丁寧に貼っていきます。
13. 床寄木フローリング
こんな感じです。
14. 床寄木フローリング
ニッチを付ける予定の欠き込み部分です。貼って行くと少しずつずれていくので所々カットして修正して行きます。
15. 階段踏面製作
反りが少ないよようにシナ合板12ミリ厚の合板から切り出すことにしました。12ミリ厚がちょうど25段で300ミリの高さになるのでこの合板を選びました。
16. ニッチ部
ニッチになる上部のアール部分です。これも同じ材料から切り出しました。
17. 階段踏面製作
ドーナツ状に切り出し余裕をみて2セット切り出しました。
18. 階段踏面製作
ドーナツ状の材料から各踏面になる大きさに切っていきます。また、ここでは正確に垂直に切っていきます。後にこの部分が蹴込になりますから。
19. 階段踏面製作
踏面の接着の寸法の正確を期す為に型紙を作りました。1.0のプラバンより切り出しました。
20. 階段踏面製作
図面と照合しながら接着していきます。

− 次ページへ続く −

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10



  

All Rights Reserved,Copyright(C) 1997-2002 pitawan's Home Pages