This site is creating of stairwell room.


ギャラリーはこちら
画像をクリックすると拡大画像をご覧になれます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

81. 2階床下地製作
段型に付け加えて角の部分にアール加工する事にしました。かなりカッコ良くなると思います。少し手間がかかりました。
82. 2階床下地製作
下地を組立てていきます。ここでも直角垂直は正確に出します。ここでしくじったら床がゆがんでしまいます。
83. 2階床下地製作
アール部分の下地を組み立てていきます。
84. ニッチ下地製作
ニッチのアール壁を作ります。ここでは航空耐水ベニヤ0.4ミリ厚を使いました。しなやかで強い材料です。(航空ベニヤとは、飛行機等のボディーに使用されるベニヤです。耐水、耐久、強度共に優れています。)
85. 窓枠周囲製作
アール窓枠の周囲の壁の下地を製作します。ここでも航空耐水ベニヤを使用します。
86. 窓枠周囲製作
下地に接着します。。
87. 窓枠周囲製作
下地に全アール窓の部分の下地を接着したところです。接着剤が固まるまで矯正しておきます。
88. 建具製作
建具本体の枠を切り出して接着します。腰壁と同じ材料の5ミリ厚リオグランデパリサンダーから切り出して製作しました。
89. 建具製作
建具の鏡板を製作します。鏡板は腰壁と作り方は同じです。
90. 2階床縁ボーダー製作
2階の床縁のアール部分のボーダーを製作します。ここでも5ミリ厚リオグランデパリサンダーから切り出して製作しました。
91. 建具上部アール壁
建具の上部にくるアール壁(天井)を切り出します。
92. 建具組立
額縁の枠を付けて、建具本体枠と鏡板を取り付けます。
93. 巾木製作
あらかじめ着色(オイルフィニッシュオーク)しておいた巾木を腰壁下地に組み込みます。
94. 巾木取り付け
巾木を腰壁の入隅出隅の部分に留め切りして組み込みます。
95. 巾木
巾木の加工詳細です。2階端部に付く部分です。
96. 建具枠桟製作
建具枠の中の桟の中のアール桟を製作します。1ミリ厚檜材を2枚束ねて丸筒に巻き付けて矯正接着します。
97. 階段踏板塗装
階段の踏板をウレタン(クリヤー)塗装します。少し厚めに塗ります。
98. 腰壁塗装
腰壁をウレタン(クリヤー)塗装します。薄めに塗ります。
99. 腰壁塗装
銘木デオグランデパリサンダーは自分自身油が多くウレタン等の塗装の硬化乾きを遅くさせる作用がありますので、乾燥には、埃が付かない影で1日乾燥し、その後埃が付かない程度になったら風通しの良いところで最低でも1週間乾燥しないと表面がべとっとした感じになります。
100. 建具塗装
建具をウレタン(クリヤー)塗装します。薄めに塗ります。事前に作っておいた治具を使用すると塗りやすいです。

− 次ページへ続く −

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10



  

All Rights Reserved,Copyright(C) 1997-2002 pitawan's Home Pages