It is the report of the Doll's House Gobangai Exhibition in Kawaguchiko.

山梨県河口湖 中央公民館大ホールにて開催

画像をクリックすると拡大画像をご覧になれます。

  
作品展の案内はこちら

【前々日】
 ドキ!!、まだ「ティールーム」は完成していません。(汗!!)今回は内壁と内部床と建具だけでもご披露したいと思っています。幸いなんとか見れる状態まで完成して、台枠に取り付けますが、部分完成なので両面テープで固定することになりました。まだ外壁が出来ていないので取り外して作業しないといけませんので...実は建具も両面テープで固定されています。外部のドアハンドルは、パーツを注文中で未入荷なのでありません。そんなこんなでとりあえず出し物は揃いました。「骨董屋」はピアザの作品展のまま進んでいません。(まぁいいっかぁ)

【前日】
 平日なので仕事が終わってから車を駐車場に取りに行って帰宅しました。今日の作業は梱包作業です。エヤーキャップで梱包してもう午後12時を過ぎている、けっこう梱包だけでも時間が掛かります。やっぱりあれもこれもなどと思っているうちに朝が来そうです。とうとう寝る時間がなさそうです。

【出発】
− 自宅→京都 −
 出発の朝は早かった、とうとう寝る時間がありませんでした。午前4時に自宅を出発しました。京都までの1時間の道のりです。
 無事に京都のかんくろうさん邸へ到着しました。既に午前5時を過ぎていました。ちょっと焦りました。本当の予定は前日にかんくろうさん邸で前日からお泊りする予定でしたが、いつもの調子で前日までバタバタしているので、今回は当日朝に到着ということで予定を変更していました。到着してかんくろうさん邸でご挨拶をしてすぐバスの待ち合わせ場所へ荷物を運ぶ作業をしました。なにやら神戸からの出発が遅れているようでした。乗って来た車を駐車場(かんくろうさん手配感謝!)に置いて待ち合わせ場所に行きました。おぅ!もう既にバスが到着している(早い!!)20分遅れで神戸を出発しているにもかかわらずもう到着している。かなり飛ばしたなぁと思いました。運転手さん感謝!荷物をバスに積み込んで早速出発しました。
 ところでこのバス、ピンクの派手なバスです。バス会社の名前もかんくろうさんフォントです。(笑い)
− 京都→河口湖 −
 飛ばすわ!飛ばすわ!びゅんびゅん飛ばす!運転手さん事情が判っている!凄いわ。バスの中は、みなさん朝も早よからお疲れのようで静かでした。
− 浜名湖SA休憩 −
 ここでは、有名なうなぎ弁当とうなぎパイのVSOPバージョンをゲットしました。うなぎ弁当ということで、冷めてたらそんなに美味しくはないかなぁと思いましたが、ところがどっこい美味しかった。ちと高かったが...
 富士山が見えてきて、みなさん感動。高速道路を出るともうリゾート色でした。富士山の山麓をぐるっと周って河口湖なのでリゾート観光気分です。気温は真夏なのに19度と信州なみです。とにかく夏の涼しいところはワクワクします。関西の暑い夏はもうヘロヘロで制作意欲を掻き消します。河口湖周辺まで近づきました。おぅこんなところかぁ、河口湖に来たのは初めてなので感動。けっこう見たり遊んだりするところは多そうです。今度はゆっくり来たいところです。平日2日間だったので悩んだ末、来て良かった。

【到着】
 まずは、ペンションに到着しました。おっ涼しい!信州のようでした。発送された方の荷物を積んで河口湖中央公民館へ向けて出発しました。ペンションと会場はかなり距離がありました。

【1日目】
− 設営 −
 到着してすぐに荷物を運びました。会場ではお久しぶりの方やらお初の方やらとりあえずご挨拶。会場ではもう既に机の設営が終わっていました。バックアップスタッフの皆様ご苦労さまです(感謝!)  後に、私の荷物を設営することにしました。展示会には慣れているとはいえ、セッティングにはかなり時間が掛かりました。いつものように1リットルぐらい汗をかいたようにボトボトになりました。(実際にはそんなに出ないけど)ミニチュアとは言え体力を使うものだと思いました。丁度ダイエットにいいかもなどとつまらない事を考えながら、せっせとセッティングしました。
 今回初ご披露の「ティールーム」はたいへん人気があり持ってきて良かったと思っています。
 それにしてもたくさんのドールハウスが並びます。とにかく凄いわっ!!!!! 総勢約40棟です。一年後の本番の時も楽しみです。
− 修復 −
 共同製作作品「教会の結婚式」の修復作業を開始しました。それにしても久しぶりに見る共同製作作品「教会の結婚式」は懐かしく、いろいろ思い出を思い出してくれます。涙!!涙!!これから始まったのだなぁ思い出しながら作業をしました。ステンドグラスが、なにやらインクがにじみ出て汚い感じになっていますので、新しいステンドグラスに取り替えるのと、全部の小物を接着するのと、照明器具の復旧が主な修復項目です。私はステンドグラスの取替えを担当いたしました。インクがにじみ出ているのは、なにやら前回のステンドグラスの工法が原因だと思われました。今回は全てのステンドグラスの取替えを行いました。1年半前の京都の有志の作品展の時のようにまた会場で製作をするとは!!今回はゆっくりしたかった!!それは無理っやっぱりっ!!そうだね!!
− 祝福 −
 町長就任式というメイモクで、わざわざボストン(外国だよ)からいらっしゃった、えみりんさんのご結婚おめでとうご披露も大成功でした。衣装も凄かった。本人もびっくりされていたご様子で...  それから、全員の作品を見物することに、もちろん写真を撮る大役も忘れていません...かなり撮りました。
− ペンションにて −
 ペンションは、3軒ならんで押さえていただいていますので、みなさんご近所ということになりました。会場から到着して、チェックインしてしばらくしてから夕食となりました。ペンションの夕食というものはいつもながら期待できます。その宿の味やバラエティーに富んだメニューが出るので楽しみにしていました。
 夜オフ会を開催しました。いろいろな方とお話しました。いつもながらミニチュア以外の話で盛り上がりました。今夜は寄り道せずに泊まっているペンションへ帰りました。
 疲れたせいか、夜はすぐ眠れました。いつもなら、ご近所を、なにか”材”になるものはないかと巡回するものですが、今夜はまじめ!?(笑い)

【2日目】
 ペンションの朝食は、またまた期待できます。おぅ私自身めったに朝食を食べない人なのですが、旅行に出ると別です。葉っぱ(野菜)が好きで、だいたいペンションの朝は葉っぱが出ることが多いので、ご機嫌でした。そして朝食をご満悦して、出発の準備ということで...
 ペンション前にはガーデニングが広がっています。そこでいろいろ写真を撮りました。やはり緑っていいですねぇ、ドールハウスにももっと緑を取り入れなきゃと思いました。  ペンションを出発しました。15分程度で会場へ到着しました。
 昨日に引き続き、共同製作作品「教会の結婚式」の修復作業を続けました。何とか高村美術館の係りの人が取りにくるまでに修復作業が完了して、ほっとしました。
− オルゴールの森 −
 どんなところか期待をしていざ出発、(今回お世話になっているバスで周って頂く事になっています)会場からは向こう岸なので橋を渡ってすぐのところに位置します。聞くところによればかなり広いところで、2時間程度でじっくり周りきれないぐらいボリュームがあるそうでした。そして、到着しました。そんなに古いことはないテーマパークのようでした。チケットを買って、いざ入場。予想していた以上に凄いところでした。家具調度品や建物もドールハウスに参考になるものばかりでした。ホールも凄かった。もう一回いってみたいところになりました。ここでは、ブルーベリーのジャム(ヨーグルトに入れるもの)をゲットしました。試食では1/3ぐらい試食したので間違いない!(大阪人)です。ここでもかなりの枚数の写真を撮りました。これが一番のお土産かな!!
− 旅立ち −
 共同製作作品「教会の結婚式」は山中湖の高村美術館へ旅立ちました。ロビーに展示して頂けることになっています。これでやっとこの作品も落ち着く所が出来ました。一時は分割して各作者に引き取ってもらうことまで考えていましたから、残しておいて良かったと思います。
 昼食オフ会では、みなさんとお弁当をご一緒しました。
 みなさんの作品の写真をかなり撮りました。なにしろ40軒近くあるのでかなりの枚数になるのでした。
− 撤去 −
 15時に大阪へ向けて出発の予定で、それまでに撤去完了ということで14:30頃から撤去作業に掛かりました。撤去は、はやい!はやい!あっというまです。このまま梱包したまま次の作品展に行くのだなぁなどと思いました。なかなか梱包したものを解くのは億劫で、細部に手を加えるのも億劫でダラダラいくものです。今度こそはバージョンアップしてお披露目したいものです。

【帰路】
 帰りのバスもビュンビュン飛ばします!気持ちが良いぐらい飛ばします!帰りの到着予定時間もギリギリなのでこのスケジュールになります。幾つか休憩をして京都へ到着。運転手さんお疲れ様でした。バスはこの後、神戸方面へ帰路につきます。
 私は、荷物を積換えて大阪へ出発しました。帰宅するまでが旅だと思っていますが、今回の作品展は写真の整理とレポート作成までが作品展の行事と思っていますので気が抜けません。
 1時間後、無事帰宅できました。皆様お疲れ様でした。来年も宜しくお願いいたします。来年はアンティーク本番で関西ですので頑張ります。

 しまい。



  

All Rights Reserved,Copyright(C) 1997-2003 pitawan's Home Pages